ASP.NET Core MVC にて、StatusCodePagesMiddlewareを利用する

404ページの表示方法です。

ASP.NET Core MVCでは、コントローラーやアクションが見つからない場合は404 NotFoundのみが返ってくるようになりました。
従来(MVC5)では404と同時にサーバーエラーが表示されていました。

この変更はこれで良いのですが、ブラウザ上にはブランクページが表示されるようになりました。
f:id:mrgchr:20161026204945p:plain

開発者ツールを用いればステータスも分かることではあるのですが、開発時にもある程度分かりやすい表示ができると好ましいです。

というわけでStatusCodePagesMiddlewareを利用して404ページを表示します。

続きを読む

ASP.NET Core MVC と xUnit.NET でユニットテストを行う Part.1

前回までのあらすじ

ねんがんの
xUnitを
どうにゅうしたぞ!

mrgchr.hatenablog.com

続きを読む

ASP.NET Core MVC と xUnit.NET でユニットテストを行う Part.0(準備編)

ユニットテストをしましょう

ASP.NET Core MVC では、推奨されるユニットテストフレームワークとしてxUnit.NETが採用されました。
さよならMSTest、いい奴だったよ。

続きを読む

2016年10月 最近買ってよかった物まとめ

ASICS GEL-NIMBUS

それまで履いていたGEL-EVATE3がボロボロになってしまったで、ランニングシューズを新調しました。
さすがに新しいシューズは走りやすいですね。着地の際の衝撃がかなり好ましいです。
EVATE3は28.5cmで少しつま先が余るくらいだったので、NIMBUSは28.0cmを注文したのですが、ジャストフィットより少しキツメくらいです。
まあ、ブカブカよりはマシだと考えます。

タニタ 体組成計 インナースキャンデュアル RD-901

FitbitのWiFi対応の体重計を使っていたのですが、乗るたびに(数分単位で)ダイナミックに体重が変わってしまうので、タニタの体組織計を購入しました。
2014年モデルを購入しました。2015年モデルと迷いましたが、値段がかなり違うので14年モデル一択でした。
(14年モデルはiOSのみ対応、15年モデルはiOS, Android対応)
で、分かったことはFitbitの体重計よりも数kg目標数値に近い数値を算出してくれます。もちろん乗るたびに数値が変わるなんてこともありません。
iOSバイスがない状態でも体重が計れて、本体に直近10件ほど記録できるのですが、その測定方法がボタンを4回くらい押さないといけないので改善してほしいところです。

今までつかっていたFitbit Ariaは、

  • 乗るだけで個人判別
  • WiFi経由でデータの自動アップロード
  • オッシャレー

とかなり気に入っていたのですが、肝心の体重計としての機能が壊れてしまったのでした。

キッチンハイター

キッチンハイターってこんなに便利だったのか!
グラスの茶渋とかもガンガン落としてくれます。
さっさと導入しておけばよかったです。

キッチンハイター 台所用漂白剤 特大サイズ 2500ml

キッチンハイター 台所用漂白剤 特大サイズ 2500ml

ASP.NET Core MVC のDIコンテナを利用する Part.2(オブジェクトライフサイクル)

前回までのあらすじ

DIコンテナを
使ったよ

mrgchr.hatenablog.com

続きを読む

ASP.NET Core MVC のDIコンテナを利用する Part.1

前回までのあらすじ

DIを
使おう

mrgchr.hatenablog.com

続きを読む

ASP.NET Core MVC のDIコンテナを利用する Part.0(準備編)

Dependency Injection(DI)は有益だという前提で話をします

「SOLID原則」などに代表されるオブジェクト指向設計のパターンや原則は、「まあ、大事だよねえ」と思いつつも、「そうは言っても今一つピンと来ないなあ」と思ったりすることもあったりします。
ですので、今日はDIコンテナの話を書くのですが、「なぜ有益か」という話はあまり深入りしないようにしようと思います。

続きを読む